「香育」とは?

香りの教育=香育

イメージ画像

「香育(こういく)」は子どもたちに向けた「香りの体験教育」です。 植物の香りを体験することを通して、豊かな感性や柔軟な発想力を育むとともに、人と植物との関わり、自然環境の大切さを伝えます。
公益社団法人 日本アロマ環境協会(AEAJ)は、2001年より、次世代を担う小・中・高校生に「自然の香り」の大切さを伝えるために、学校での香りの体験授業を推進してきました。
2005年からはこうした活動を、香りの教育=「香育」と名付け、更なる展開を図っています

イメージ画像


「香育」では、植物の香り(「精油」)を体験するだけではなく、「精油」に関わるさまざまな知識を学ぶことができます。
精油の原料となるのはどのような植物か、どこに生育しているのか、またどのように抽出するのか、人は植物をどのように役立ててきたのかなど、「精油」を知ることで、人と植物との関わりを知ることになり、自然を大切にしようという意識や環境を守るという考え方が芽ばえる契機となり、ひいては、心豊かな生活や心豊かな人間を形成することに役立ちます。

イメージ画像

AEAJでは、AEAJ認定アロマテラピーインストラクターが、AEAJの「香育」の考え方に基づき、地域での植物の香りを体験できるイベントや、学校で小・中・高生を対象とした「香育」を実施する出張授業をなどを実施しています。

アロマドロップスでも「香育」の大切さを実感し活動をしております。
「総合的な学習の時間」「特別活動」「学校支援ボランティア」などで実施を是非ご検討ください。
ご連絡いただければ、資料をお持ちいたします。

今まで、「県立北薩広域公園」 「かごしま環境未来館」 などで教室を行っています。


問合せ
問合せ
トップページ